日本維新の会ロゴマーク

メニューボタン

  • お問い合わせへのリンク

Policy
政策

政策#02

身を切る改革を含む政治改革

まず議員が身を切る改革を実践し覚悟を示す。

1
議員の定数を削減し、議員報酬も削減する。
2
領収書のいらない第二の報酬と言われている国会議員一人あたり月額100万円の文書通信交通滞在費の使途を公開する。
3
企業団体献金を禁止し、繰り返される政治と金に纏わる疑惑の元を絶ち政治に対する国民の信頼を取り戻す。
4
議会の古い慣習を改め、政策論争の場としての議会を実現する。
5
いたずらな日程闘争や反対のための反対を排除し、議員のための議会ではなく真に国民のための議会となるよう議会運営を抜本的に改革する。
議員定数削減や報酬削減、文書通信交通滞在費の使途公開など議員が身を切る改革を実践
上へ戻る