日本維新の会ロゴマーク

メニューボタン

  • お問い合わせへのリンク

Activities
活動情報

ニュース

松井一郎代表による憲法記念日について談話発表のお知らせ

2020.05.03
声明

令和2度目の憲法記念日を迎えた。日本国憲法は施行から73年を経て、時代にそぐわない部分が生じていることは言を俟たない。憲法改正は時代の要請であり、国会が発議し、国民投票をもってそれを果たすことが立憲主義の真の姿である。

しかし、国会での憲法改正をめぐる審議は遅々として進んでいない。今国会においても衆参両議院の憲法審査会の扉は固く閉じられ、各党が忌憚なく意見表明する自由討議が封じられたままである。憲法について不断に論じるべき国会議員が惰眠を貪っている場合ではない。

折しも新型コロナウイルスが世界規模で猛威を振い、未曾有の国難に直面している。感染拡大の連鎖を早期に断ち切り、パンデミックを終息させるには、強制力が伴わない行政の要請だけでは困難な側面がある。現実に憲法に有事の際の政府権限を定める緊急事態条項を創設する議論が必要である。与野党は建設的な議論ができる環境を早急かつ真摯に整えなければならない。

国民主権を掲げる憲法が一度も国民投票を経てないのは大いなる矛盾である。国民が主権を行使する国民投票を実施し、真に国民の手により憲法を定めることが憲法のあるべき姿と考える。

日本維新の会は、教育の無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置の3項目について改正条文を示し、国民の皆さんに提案している。今後、私たちの改正原案への国民の理解を求めるとともに、各党との真摯な協議を行うことで、憲法がこれからの日本の礎として国民にとって一層価値あるものとなるよう議論を主導していくことをここにお約束する。

令和2年5月3日
日本維新の会
代表 松井一郎

上へ戻る