日本維新の会ロゴマーク

メニューボタン

  • お問い合わせへのリンク

Activities
活動情報

ニュース

「憲法記念日について」松井一郎代表による談話発表のお知らせ

2019.05.03
声明

改元後、令和最初の憲法記念日を迎えた。日本国憲法は施行から72年経ち、時代にそぐわない部分も生じてきた。憲法制定当時、わが国が自衛隊を持ち、海外で平和維持活動をすることを誰が想像し得たであろうか。憲法は、国民的課題として常に議論され、必要であれば国会が発議し、国民投票をもって改正する。それが立憲主義の姿である。

日本維新の会は、教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置の三項目について改正条文を示して国民の皆さんに提案している。国民の皆さんには、我が党の提案について議論と批判を求めたい。いずれも日本の未来構築のために必要な改正であると確信している。

国民投票を経ていない日本国憲法は、立憲主義に反すると考える。現行憲法に固執して国民投票を否定するのは、国民主権の否定である。私たちは、憲法の立憲主義的正当性を担保する国民投票を目指す。令和改元初の憲法記念日の本日、憲法議論を深めながら民主主義を停滞させることなく、進化させ続けるよう努めていくことをここにお約束する。

令和元年5月3日
日本維新の会 代表 松井一郎

上へ戻る