日本維新の会ロゴマーク

メニューボタン

  • お問い合わせへのリンク

Activities
活動情報

ニュース

「改元について」松井一郎代表による談話発表のお知らせ

2019.05.01
声明

天皇陛下は、昨日、退位礼正殿の儀を済まされて御退位され、平成の時代は終わりました。本日、元号は令和に改まり、剣璽等承継の儀および即位後朝見の儀という伝統の儀式に則り、皇太子殿下が第126代天皇に即位されました。天皇陛下は常に国民に寄り添われ、国民は代々、元号と共に暮らしてきました。天皇は国民と共に歴史と伝統を守ってこられた、この歴史と伝統を次の世代へ継承していく責任を強く感じています。

新しい御代になり、今秋執り行われる即位礼正殿の儀、そして大嘗祭、来年の立皇嗣の礼まで、皇位継承の儀式がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができることを望みます。新しい時代を切り拓くためにビジョンを描き、実現する。国政と地方の両輪で改革を進めるために大きな役割を果たしていくことを令和改元に合わせて、改めて決意しています。

令和元年5月1日
日本維新の会 代表 松井一郎

上へ戻る