2025年国際博覧会を大阪・関西へ2025年国際博覧会を大阪・関西へ

日本維新の会ロゴマーク

メニューボタン

  • お問い合わせへのリンク

Activities
活動情報

ニュース

松井一郎代表による憲法記念日についての談話

2018.05.03
声明

日本国憲法施行から71年。今、改正の機運が高まっている。 国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三原則が定められた日本国憲法は、 国際社会における日本の地位を高める役割を果たしてきたが、憲法制定当時には想定できなかった 問題も生じている。国民的課題としてこれらを深く議論し、必要であれば憲法を改正することが 民主主義のあるべき姿であると考える。

日本維新の会は、教育の無償化、統治機構改革、そして憲法裁判所の設置の三項目について、 二年前に具体的な憲法改正文案を国民の皆さんに提示した。これら3項目は、わが国における課題解決 の切り札になると考える。

また、現行憲法について重要な点は、制定に際し国民投票が行われなかったことにある。 国民主権を掲げる憲法が、国民投票を経ていないことは大いなる矛盾である。国民が主権を行使する 国民投票を実施して、真に国民の定めた憲法にする。 これが私たち国民の憲法のあるべき姿であると考えている。

今後、憲法改正の発議と国民投票の実施に向けて、国民の皆さんに我が党の改正原案への理解を求め るとともに、各党と真摯な協議を行うことで、憲法がこれからの日本の礎として、国民にとって一層価 値あるものとなるよう議論を尽くしていくことをここにお約束する。

平成30年5月3日

日本維新の会
代表 松井一郎

上へ戻る